元ももクロ有安杏果の電撃復帰に芸能界の闇を見たと恐怖の声

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/17(木) 17:36:02.71 ID:tqdvFewV9

『ももいろクローバーZ』の元メンバー・有安杏果が1月15日、自身のツイッターで、芸能活動を再開することを発表した。

有安が同グループを卒業したのは昨年1月。同時に芸能界からの引退も発表しており、その後については「普通の女の子の生活を送りたい」としていた。

今回の復帰発表は、それからほぼ丸1年に当たる。個人事務所を設立をすると報告していることから、ネット上では、

《そもそも復帰ありきの引退だったのでは?》
《結局、ももクロと前事務所が嫌で辞めたんだな》
《前事務所を辞めるときに、1年間自粛の約束をしていたってことか?》
《ただ独立したかっただけかよ》
《まあ復帰は分かってたことだけど、あからさま過ぎて引く》
《こういうのを見ると、芸能界の闇の深さを感じるわ》

などといった憶測が飛び交っている。

?

アイドルからアーティストへ
しかし、そもそも有安自身は「引退する」とは名言していないという話もある。

「卒業発表直後のインタビューでは、自身では確かに『引退』とは言っておらず、“一度、仕事の予定のない生活をしてみたい”と言っていたんですね。
0歳から二十数年も芸能活動を続けてきた有安が“少し疲れた”というのも、納得できる面はありました」(アイドル系ライター)

とはいえ、有安が卒業を発表したのは“引退”のわずか6日前と、不自然なほど突然の話だった。

「“一人の女性として家事とかしっかりやりたい”などと話してもいたことから、結婚説や、はたまた妊娠説まで出ていましたね。
しかし真相は、ももクロが10周年を控えていたことにあります。記念すべき10周年をジャンプ台にしたかったのに、歌唱の中心だった有安が抜けては失速は免れない。
そこで“一緒に10周年を迎えたかった”という有安を、プロデューサーのK氏が急遽卒業させたのです」(アイドル系ライター)

プロデューサーK氏の目論見どおり、4人になったももクロは10周年の東京ドーム公演を成功させて、有安抜きでもやって行けることを証明した。

いっぽう有安は、ももクロ時代からソロアーチストとして活動していた。

横浜アリーナや武道館でセルフプロデュースのソロコンサートを成功させ、ギター、ドラム、キーボードをこなし、自分で作詞作曲したソロアルバムを発売するなど、すでに実績は十分だ。

「去年、有安自身の誕生日である3月15日にツイッターを開始したときも、愛用のギターを抱えた写真に“この子と一緒に”というメッセージが添えられていたことから、
アーチストとして活動を再開することは十分予想できました」(同ライター)

有安杏果です。
Twitterはじめましたっ(・Θ・)
この子と一緒に一つ歳を重ねました(*???*).。.:*#有安杏果#ありがとう#誕生日 pic.twitter.com/CSSFCMkEVQ

? 有安杏果 (@ariyasu0315) March 15, 2018

https://platform.twitter.com/widgets.js

いつかは、ももクロの4人と一緒にライブを行うこともあるのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1655479/
2019.01.17 10:31 まいじつ
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

fushinsya_woman

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする