ウエンツ瑛士ほか、芸能人が受けた「恐怖の殺害予告」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/24(月) 10:53:04.77 ID:CAP_USER9

これも人気稼業の宿命なのだろうか? 芸能界には、常軌を逸したアンチから殺害予告を受ける有名人が少なくない。
被害者の中にはタレントだけではなく、アナウンサーや人気ユーチューバーまでいるという。誰がどんな被害に遭ったのか、調べてみた。

まず初めに紹介するのが、2017年2月26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「僕も5年ぐらい前に殺害予告が入って、1か月ボディガードがついたことがあります」と告白したウエンツ瑛士。
ウエンツによると、何者かから殺害予告を受けたため、1か月間にわたりホテルに避難したそうだが、その間は万が一の事態に備えて隣の部屋にボディガードを待機させていたのだという。
幸いなことに直接的な被害はなかったが、殺害予告の犯人は逮捕されていない。
ウエンツは18年8月に芸能活動を休止し、ミュージカルの勉強のためロンドンへ渡ることを発表したが、犯人は何を思っただろうか。

同じく『ワイドナショー』で殺害予告を受けたことを告白したのが、ダウンタウンの松本人志

15年5月24日放送の番組で、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子様が脅迫された事件が取り上げられた際、
松本は「半年ぐらい前かな? ?3、4か月前かな?」「吉本から連絡来て“松本を殺す”という殺害予告があった」と明かし、MCの東野幸治らを驚かせた。
以前にも同様の事件に巻き込まれていた松本は、警察での面倒な手続きに辟易して被害届の提出はせず。
「もうちょっと様子見よう」と静観していたところ、いつの間にか殺害予告の書き込みが消えていたというから、なんとも迷惑な話だ。

18年7月22日放送のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)で、「20年間ずっと、殺害予告をいただいています」と衝撃の事実を明かしたのが、
TBSの安住紳一郎アナウンサーだ。安住アナによると、春先と夏に視聴者からのクレームが増えるそうだが、その中には自身に対する殺害予告まで存在するという。
そんな安住アナは殺害予告やクレームにさぞ心を痛めているのかと思いきや、
「私に寄せられるクレームの数々を、いつか本にでもして出版したいなと思ってるんですけど」と、嫌がらせに屈しないたくましさを見せていた。

■ヒカキンは加害者に神対応!?

本人ではなく息子の殺害予告を受けたのが、元おニャン子クラブでタレントの渡辺美奈代。
17年11月1日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演した渡辺によると、長男の矢島愛弥(まなや)が幼稚園に入ってからしばらくして、
「お宅のお子さんを殺します」という殺害予告の電話がたびたびかかってくるようになったという。
渡辺がすぐに警察へ相談すると、警察は渡辺の自宅にセンサーをつけたりホットラインに登録したりするなどの対策を講じ、その状態は3年間も続いたそうだ。
相談時に、警察から「警察に相談したことを幼稚園や幼児教室で大々的に言ってください。
もし(犯人が)周りの方なら(殺害予告の電話は)止まります」と伝えられた渡辺がその通りにすると、殺害予告の電話は止まったという。

打って変わって、人気ユーチューバーのヒカキンは殺害予告をした相手を優しく諭し、ネット上で話題となった。
18年3月、ツイッターで殺害予告を受けたヒカキンは相手に対し、「これ、殺害予告ですよ。。。捕まるやつです」と返信。
それに対し、相手が「ごめんなさい。さすがに殺しはしないんですけど」「(ヒカキンの動画を)楽しみにしてます」と応じると、
ヒカキンは「ちなみに、先ほどのツイートは、僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容なので、気をつけてくださいね」と優しい言葉であらためて注意した。
こうしたヒカキンの“神対応”に、ネット上では「いい人すぎる」「なかなかできることじゃない」などといった称賛の声が相次いでいた。

被害者が深い心の傷を負うケースも多いだけに、このような殺害予告は有名税のひと言で片づけられるものではない。
類似事件を防ぐためにも、被害者は警察へ被害届を出すなど、毅然とした対応を取るべきだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1526428/
2018.09.24 06:30 日刊大衆

a0041af2b551351d7c164d5264b7cae7

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする