ついに和食ブームに押され意外な『アレ』が世界的なブームになるwwwwww 

retina_pixta_10002040_S

1: 2018/02/15(木) 14:17:53.19 ID:iHJDssJp0●.net BE:512899213-PLT(27000)
世界的な和食ブームで日本酒などの輸出が急増する中、最近では味噌にも注目が集まり、空前の“MISOブーム”が巻き起こっているという。
 経産省の統計によれば、40年前の海外への味噌の輸出量は1012トンで2億6000万円程度だったが、2010年に1万トンを超え、一昨年は約1万5000トン、
金額にして約30億円以上にまで増えている。
 「まだ統計は出ていませんが、昨年も1万5000トン以上の輸出が見込まれている。味噌はここ数年、国内での出荷、消費はやや減少傾向にありますが、
海外への輸出は年々増え続けている。やはり、世界各国の和食ブームと、和食レストランの急増が影響しています」(経産省関係者)
 農水省のデータでは、海外の和食レストランは’06年に2万4000軒だったのが、昨年には11万8000軒となり、この10年余りで約5倍に増えている。
 「和食は健康にいいという世界的な健康志向の強まりに加え、’13年にユネスコ無形文化遺産に登録されたことや、日本を訪れる外国人観光客の口コミも大きい。
経産省発表による味噌の輸出先の内訳は、北米とアジア地域が全体の7割を占め、次にEUとなっている。中でも最も多いのがアメリカで、業界最大手の
マルコメ(本社:長野県長野市)はロサンゼルスの工場で現地生産していますが、それでも足りずに日本から輸出している。それほど需要が高まっているんです」
(フードライター)

いかソースはリアルライブ
https://npn.co.jp/article/detail/03786104/

と見せかけて元ソースは週刊実話
https://wjn.jp/article/detail/4149231/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518671873/


続きを読む

Source: GOSSIP速報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする