松本人志「ネカフェ難民はちゃんと働いて!」発言に足りなかったものとは?

69616_200910060728431001254826336c
1: 2018/02/26(月) 06:24:38.98 ID:q2FS4d5m0●.net BE:299336179-PLT(13500)
ネットカフェ難民の本当の実態

 2月18日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」のなかで、ネットカフェ難民という社会問題が取り上げられました。

 番組中に、コメンテーターのダウンタウンの松本人志さんは、「ネットカフェ難民にちゃんと働いてほしい」という主旨の発言をしたということを、ニュース記事で知りました。

———-
松本人志“ネットカフェ難民”に「ちゃんと働いて」 https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201802180000429_m.html
———-

 記事によれば、同じく番組に出演していた社会学者の古市憲寿さんが「見えにくい貧困」も問題であるとの主旨の発言をしてくれていることもあり、
必ずしも番組全体の方向性として「ネットカフェ難民にちゃんと働いてほしい」というような意味づけをしているとは思いません。

 また、実際に松本人志さんの発言に賛同する人もいるでしょうし、古市憲寿さんの発言に共感する人もいるでしょう。これ自体が一つの問題提起であるとも思います。

 ですので、これを一つの契機として、ネットカフェ難民をはじめとする生活困窮者への支援、日本の貧困問題について取り組んでいる立場として、このネットカフェ難民の問題について書きたいと思います。

 番組では限られた時間ですので、ネットカフェ難民の人たちの実態について、必ずしも伝えきれていないことも多いかと思います。

 飛び込みでネットカフェに取材に行って、協力してくれる人がいたら当事者に直接アポをとって取材をするところが多いのも事実です
(専門家や支援団体の多くは当事者の紹介をあまり積極的におこなわないこともあり、番組や記事にする際には当事者が自らを語ることが核になりますから)。

 当事者のインタビューというのは、それはそれで事実であり、その人がネットカフェ難民であれば、ネットカフェ難民の一つの実態ではあるのですが、
一方で、当然ながらその人の状況が多くのネットカフェ難民の人に共通しているとは限りません。

 また、ある種、飛び込みの取材の場合、そういった取材手法でも協力してくれる状況の当事者の人である、というバイアスもかかるでしょう。
当然、メディア側が編集をおこなうわけですから、何らかの意図をもったインタビューになる可能性もあります。

 そういった意味では、今回の東京都の調査は、200以上の24時間営業のネットカフェ等の店舗と、946人の利用者へのアンケートをもとにしているので、
ネットカフェ難民等の実態を明らかにする重要なデータです。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00054595-gendaibiz-bus_all

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519593878/


続きを読む

Source: GOSSIP速報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする