嫌煙厨「喫煙者消えろ!!マジでタバコやめろ!!!臭いウザイ!!!」←いい加減にしてくれよ……

4z52wPIHgiKF5Lc_19136

1: 2018/02/20(火) 20:04:52.06 ID:MgNoBxg60.net BE:328765197-2BP(1669)
https://anond.hatelabo.jp/20180219232323
■喫煙者排除に潜む日本の病巣

>「喫煙後45分間」も大学構内に立入禁止 北陸先端大が全面禁煙に踏み切った理由
>https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1509591737132/

上の記事を読んだ。なんとまあ喫煙後45分は呼気から有害物質が検出されるから受動喫煙防止のため立入禁止なのだそうだ。

もちろん私は一定の分煙に関しては異議を唱えるつもりはない。ネカフェで喫煙ブースに泊まることになった時はあまりの臭いに辟易した経験もあるし。
しかし、今回のJaist全面禁煙や、居酒屋含む飲食店全面禁煙の流れはあまりに常軌を逸していると感じる。

「タバコの臭いを嗅がないでいられる権利」ばかりを尊重しすぎて、「タバコを嗜む権利」を脅かしていないかということだ。

「タバコの臭いを嗅がないでいられる権利」に正当性をもたせるのは簡単である。「臭くて嫌だ」と主張すれば済む。
さらに一般の人が受動喫煙として害になるか検証されていない、服についた煙の微粒子やら呼気に含まれる有害物質についても、
化学物質過敏症の人の被害を引き合いに出せば、被害者を簡単に創出することが出来る。

しかしながら「タバコを嗜む権利」の方は、「タバコを吸いたい!」といった子供じみた権利の主張以外に何が出来るというのだろうか。
結局非喫煙者の支持をとにかく得にくい構造になっているのである。

こうして「被害を受けない権利」だけが尊重され、「する権利」は衰退していく。
この構造は、現在日本のあらゆる場所で表出していないだろうか?

保育園では子供の金切り声による騒音を避けるため、園児たちは二重サッシで仕切られた室内でこじんまりと遊ばされている。

海岸での花火は近隣住民の迷惑になるので禁止。

路上駐輪は景観が損なわれるので即撤去。

大人のお店店は即摘発。

こういった流れが進行しているのも、活動的で主体となりやすい子供や若年層が減少し、一方で客体となりやすい高齢者が増えたのと無関係ではないだろう。

どんどんと窮屈になる日本。他人の多少の迷惑を許容する代わりに、「する自由」に満ちた社会のほうがずっと心地よいと思うのだが。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519124692/


続きを読む

Source: GOSSIP速報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする