「失うものはない」松村雄基の現在

1: フォーエバー ★ 2019/05/18(土) 11:14:13.34 ID:x/JJkM479

1980年代にドラマ「不良少女とよばれて」「スクール☆ウォーズ」「ポニーテールはふり向かない」などで強烈なインパクトを残した俳優・松村雄基さん(55)。現在は大阪・松竹座で上演中の舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」(26日まで)に出演しています。来年でデビューから40年。「失うものは何もない。前に進むのみです」と今の思いを明かしました。

来年でデビューから40年

 1980年にデビューしたので、来年で40年になります。芸歴の長さで言うと、上の方になる現場も増えてきたんですけど、今回の作品では(主要キャストのうち)若手の部類に入るのが喜多村緑郎さん、西川忠志さん、僕の50代の3人(笑)。周りは大先輩ばかりで、重厚な皆様のパワーをひしひしと感じながら、毎日舞台をしています。

 特に、主演の藤山直美さんはご病気のこと(初期の乳がんから復帰)を微塵も感じさせないパワー。こちらもパワーをいただいていますし「本当に良かったなぁ」という思いがこみ上げてくる毎日です。先輩方がパワフルにやってらっしゃるので、僕なんかはまだまだもっと頑張らないとと思っています。

“大映ドラマ”での10年

 今こうやってお仕事を続けていられる契機となったのは、やっぱり、大映テレビのドラマ作品に出してもらったことだと思います。周りの方からもよく言われますし、実際、自分でもそう感じています。

 「不良少女とよばれて」とか「スクール☆ウォーズ」でツッパリというか、アウトロー的な役柄を20歳から約10年させてもらいました。今から思うと「10年も、あれだけ濃いキャラクターをやらせてもらっていたのか」と思いますけど(笑)、当時は、とにかく毎日が必死でした。セリフを覚えて、現場に行って、しこたま怒られて、の繰り返しでした。

 ただ、あそこまで情熱を注ぐものに出会えたのはとても幸せなことですし、作品は変わっても出ているメンバーは重なっていたもしたので、親戚がどんどん増えていったような感じにもなりました。もちろんお仕事なんですけど、僕にとっての青春でもありましたね。

失うものはない

 何とか、ここまでやってきましたけど、それは当然ながら、支えてくださるファンの皆さんがあってのこと。最近で言うと、SNSも少しずつやるようになりました。機械に疎いもので、なかなか更新ができなかったりして申し訳ないんですけど、それでもやろうと思ったのは、一番はファンの皆さんへの恩返しです。

 最近はテレビへの露出が少なくて、舞台の仕事が多くなっているのもあって、皆さんに近況やなんかをお伝えする方法として、少しでも役立ったらなと。

 動画アプリの「TicToc」なんかも初めてやったんですけど、なかなか難しいですし、ちょっとした動きを覚えるのにも1時間くらいかかるんですけど(笑)、それでも、少しでも楽しんでもらえたらなと思いまして。

 ここまで来て思うのは、ま、何をやっても、失うものは何もないんだなと。進むしかないんだなと。これはウチの社長がいつも言っていることでもあるんですけど、その思いがこのところ、より大きくなってきました。

 少し前から、新たにシャンソンも始めまして。「やらなくてもいいかな」「どちらかというと、やりたくないな」と思うことでもやってみようと。失うものはないんだから。40年を前に、今はそんなことを思うようになりました。

5/18(土) 10:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20190518-00126370/

https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/a/2/a2f3d120.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/f/7/f7206b09.png

松村 雄基
日本の俳優である。
オールスターズ・カンパニー所属。
身長178cm、体重63kg。
ウィキペディア
生年月日: 1963年11月7日 (年齢 55歳)
生まれ: 東京都 文京区
血液型: B型
学歴: 東京都立板橋高等学校

7

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする